2016年9月6日火曜日

【Tips】 指数(JPX400等)の組入銘柄を登録する方法

JPX400(JPX日経インデックス400)に採用されている銘柄を登録する方法を記載します。JPX400以外でも応用できます。

指数の組入銘柄リストを入手する


日経平均やTOPIX Core30等の有名な指数は、本拠地で採用銘柄のリストを開示している場合が多いのですが、海外企業が設定している「MSCIシリーズ」や日銀が買い入れを強めている「設備・人材投資指数」は組入銘柄が開示されていないケースがあります。そのような場合は、

ETF(投資信託)を利用しましょう。

ETFで採用されている指数の組入リストは、EDINETからの開示情報を通じて公開されています。これらの開示情報を元にリストを作成するのが王道です =)。

今回は都合が良いことにExcel形式で開示しているETFサイトを見つけたのでこちらを流用します。このような便利なサイトが無い場合でも、EDINETの決算や目論見書から取得できるので根気よく見つけてください。



コピペする


Excelの場合、銘柄コードを選択しCtrl+Cを押すだけでコピーできます。


Windows標準アプリであるメモ帳でも同様の操作でコピーできます。


レーダースクリーンを起動し、空欄の銘柄コードを選択し、Ctrl+Vでペーストします。


これで登録完了です。とても簡単 =)。



カスタムシンボルリストに登録する


折角何かに使えるかもしれないリストなので保存しておきましょう。

  1. 登録する銘柄コードをすべて選択します

  2. 『設定(O)』 → 『シンボルリストに追加(L)...』を選択します
    『銘柄コードをカスタムシンボルリストに追加する』ダイアログが表示されます
  3. 『リストの作成(R)』 → 『カスタムシンボルリスト(C)』を選択し、リスト名を入力します
    今回は『JPX400』にしました。
  4. 『OK』を選択します

これで完了です。

0 件のコメント:

コメントを投稿